今回は、20代主婦さんが、子供との移動手段として購入したブリヂストンの電動アシスト自転車ビッケ MOB ddの利点・欠点をご紹介してみます。ビッケ MOB ddの利点は、1.選べるアシストモード、2.走行中の自動充電機能、3.カーボンベルト駆動、等があり、欠点は、1.カゴの網目が大きく、カゴが全体的に小さい、2.バッテリーの充電時間が長い、等があるそうです。

子供乗せ自転車ビッケ MOB dd

ブリヂストンの『ビッケ MOB dd』を2年前に購入しました!

現在現役活躍中です。

私は、20代の2歳の子どもがいる埼玉県に在住の主婦です。

子どもとの移動手段として購入しようと思いました。

後部の一体設計リヤチャイルドシートのみで使用中です。

ビッケ MOB ddのメリット

購入したブリヂストンのビッケの良い所は3つあります。

1.選べるアシストモード

1つ目は、自分に合わせたアシストモードが選べるところです。

初めて乗る電動かつ子どもを乗せる自転車なので、

夫と一緒に各社のさまざまな種類の電動自転車を試乗させていただきました。

一番に感じた電動自転車の特徴は、

進む瞬間の電動アシストの強さです。

各社の自転車は、軽く踏み込むだけで一気に加速してくれます。

ですが、いきなりスピードが出てしまうことに慣れていなかったので、

夫婦で不安を感じました。

最後の試乗でビッケに乗らせてもらったとき、

出だしの踏み込みの強さに合わせてアシストされて、

細い路地や小回りが多い環境に住んでいる私でも、

乗りこなせそうだと思いました。

アシストのモードがエコ・オート・パワー・アシストオフの4つに分かれていまして、

状況に合わせて、ハンドルの横についているボタンで簡単に選べます。

私は、エコモードのアシストがピッタリで、急な登り坂だけオートモードにしています。

パワーモードは、いざという時、以外はあまり使わなくても大丈夫です。

今では、すっかり電動になれて、不安なく運転しています。

2.走行中の自動充電機能

2つ目は、走りながら自動充電できることです。

この機能は他社には少なかったです。

下り坂などでブレーキをかける時に自動で充電されています。

ブレーキもフロントのスマートコントロールブレーキと、

リアのフィン付きローラーブレーキの2つ装備されているので、

使いすぎて削れることは、あまり心配しなくても大丈夫です。

私は普段、エコモードで走行しています。

エコモードは、1充電あたりの走行可能距離が約82kmです。

さらに、坂などでブレーキをこまめにかけて、充電するように意識しています。

そうしますと1日1時間ずつ走行しても、一週間以上充電が持つ時があります。

節電にもなりますし、バッテリー寿命も長くなるので、

とてもコストパフォーマンスが良いと思います。

3.カーボンベルト駆動

3つ目は、カーボンベルトの駆動です。

普通は、チェーンの部分が、カーボンのベルトになっています。

変速が音もしないくらいスムーズにできます。

さらにカーボン製の利点は、サビの心配やチェーンが外れるというのが、ありません。

注油も不要なので、子どもが油を触って真っ黒に、

なることもないですし、お手入れも楽でオススメです。

ビッケ MOB ddのデメリット

購入したブリヂストンのビッケの欠点は2つあります。

1.カゴの網目が大きく、カゴが全体的に小さい

1つ目は、カゴの網目が大きくて、カゴが全体的に小さめに設計されています。

見た目のデザインはかわいいですが、

小さな荷物や背の高い物などが落ちやすいです。

普段は雨風で汚れてもいいバスケット等を用意することでカバーしています。

公式では、ビッケ専用のフロントバスケットカバーはありますが、

4千円とあまり安価では、ありません。

2.バッテリーの充電時間が長い

2つ目は、バッテリーの充電時間です。

バッテリーを0%から100%にするまでの充電時間は、約4.1時間ほどかかります。

それなりに時間がかかるので、

寝る前に充電しておくといいかもしれません。

取り外しは簡単ですが、バッテリー自体は重めになっていますので、

いつも気をつけて作業をしています。

イオンバイクでビッケ MOB ddを購入

自転車を購入した店舗は、イオンバイクさんです。

毎月の20日と31日は5%OFFになるので、

その日に合わせて担当の方に、お取り寄せしていただき購入しました。

大型店ならではの、充実した品揃えと、リーズナブルな保険の内容を、

わかりやすく説明していただきました。

定期的にメンテナンスをしていただけたり、

店頭には気軽に使える空気入れもあり、よく使っています。