今回は、坂の多い地域にお住まいの40代主婦さんが、購入して元の値段以上に活躍してくれたサンヨーの電動アシスト自転車エネループバイクについてのお話をご紹介してみます。電動自転車で坂を上る時の楽さ、坂でバッテリー切れをおこしそうになった時の感想、バッテリー切れ対策、電動自転車乗り始めの注意点、などのお話が参考になるかと思います。

サンヨーのエネループバイクの活躍

大阪府に住む40代の主婦です。引っ越しした先が坂道ばかりだったのと、すぐに子供の幼稚園への送迎が控えていたので電動アシスト自転車を購入。サンヨー(現パナソニックグループ)のエネループバイクといいますが、今は販売を終了しているようです。

我が家はどこに行くにも坂を通らないと行けないような状況の上、急な坂も多く電動ではない自転車だと上り坂で一気には行ききれず、途中で一度降りる事もしばしば。たとえ降りずに一気に行けたとしても必死で漕いでる感がありました。そんな環境で幼稚園児の送迎をしていました。時には買い物した荷物などもカゴに積んでいる場合もあり普通の自転車ならかなり大変だったと思います。

電動アシスト自転車についての感想ですが、とにかく買って良かったと思います。我が家は車を所持していなかったため、重い荷物を運んだり遠くまで自転車で行くということが多かったのですがかなり重宝しました。けっして安くはない買い物ですが、元以上の活躍をしてくれたと思っています。

サンヨーのエネループバイクの乗り心地

まずは乗り心地ですが、電動といっても一見特別な感じはしません。漕ぐことには変わりないですから。ただその漕ぐときの力が少しで済むのです。けっして電動だから速く進むというわけではありません。やはりその力が十分に発揮されるのは坂道だと思います。平らな道だと特に変わらないと思いますが、坂道を上る時の楽さにはびっくりします。普通の自転車だった場合の必死で漕いでる感がほとんどないのです。

もちろん急な坂、前からの強風など条件によっては、漕ぐのが大変な時もあります普通の自転車に比べるとかなり楽だと感じると思います。

バッテリー切れ対策

とても便利な電動アシスト自転車ですが、やはりデメリットもあります。一番はやはりバッテリーの残量を気にしないといけないということです。普段きちんとチェックして減っていたら充電するということ自体は特に負担にはなりませんが、一度出かけた先で意外にバッテリーを消費して残量がギリギリになってしまったことがありました。

その時は子供を乗せていましたし、途中でバッテリーがなくなれば自宅の直前にある長い坂道を思うとかなり不安になりました。幸いその時は本当にギリギリまでもってくれたので大丈夫だったのですが、やはりバッテリー切れは怖いですね。

ただバッテリーが切れても普通の自転車のように漕ぐことはできます。ただし、その場合はかなりしんどいです。車体が重いので漕ぐのも大変です。もちろん降りて、自転車を押しながら歩くのも同様にしんどいです。バッテリーが切れた、もしくは残量が少なくなった場合ですが充電してくれる場所というのはかなり少ないと思います。

一般的な対策としては予備のバッテリーを持っていくのがよさそうです。充電器を持ち歩きコンビニなどで頼んで電気を使用させてもらう人もいるそうですが、あくまで緊急の場合だと思ってもいいのではないでしょうか。

購入したばかりの頃はバッテリーもかなり持つのですが、使い続けるとだんだんバッテリーの減りが速くなるので注意が必要です。あとは故障した場合ですが普通の自転車屋さんでというわけにはいきません。電動アシスト自転車を扱っているお店での修理になります。ただのパンクとかだとどこでもいいのですけど。

電動自転車乗り始めの注意点

こういったデメリットはありますがメリットの多さには勝てません。家にある自転車も7年たってますが、バッテリーを一度交換したものの今でも普通に動いていますよ。最近は子供乗せ自転車の充実などますます快適になってきていますし、坂道が多い私の地域では年配の方もたくさん乗っています。

最後になりましたが、注意点です。乗り始めは自転車が勝手に前に進むような感覚がありますので安全な場所で乗り慣れてから乗車してくださいね。それと坂道を上る時は必死に漕ごうとするとむしろ大変です。軽く漕ぐようにしたほうがいいですよ。