今回は、関西在住20代主婦さんが、子どもが生まれて一歳のお祝いに購入したヤマハの電動アシスト自転車パスキッスミニアン(PAS Kiss mini un)についてのお話をご紹介してみます。いろいろと参考になる情報があると思いますが、特に、「電動アシスト自転車には段差のショックを軽減するタイヤがほしい」というあたりが興味深いのではないでしょうか?

電動アシスト自転車購入理由・購入店舗

年齢は、20代で、主婦をやっています。住んでいる地域は、関西で坂の多い都市部です。乗っている自転車は、電動自転車メーカー:ヤマハ 車種:PAS Kiss mini unです。アシスト自転車を購入した理由は、夫がもともと電動自転車を持っていたので、ベビーカーよりお出かけの行動範囲も広がると思い子どもの一歳祝いとして買いました。

購入はネットと店舗で悩んでいましたが、夫の勧めで店舗にしました。近くの自転車のアサヒです。子どものヘルメットやカゴ、防犯登録などしてセッティングをしてくれるのが良いのと、説明を聞きつつ試乗し気に入ればその日のうちに乗って帰ることが可能だったからです。車種をPanasonicとYAMAHAで悩み、迷っていたのですが、鼻をかんでいておそらく風邪気味だったにも関わらず試乗や違いについて教えていただきました。

電動アシスト自転車の乗り方・防犯対策・子供を乗せた時の感想・バッテリーなし時の感想

乗り方

乗り方のコツとしては、子どもを乗せることがほぼほぼ毎日なので安全重視で、乗ってから電源を入れることです。ボタン画面はバッテリー表示にして降りるときに確認します。段差が多いところや曲がり角、信号などは出来るだけゆっくり目に、減速して走行します。普通の自転車に比べると重みがあって、止まれることには止まれるのですが、止まった後の反動が大きいので出来れば坂以外は力を込めるのを調整した方がよいです。下りは極力1番小さい節約モードにしています。

防犯対策

防犯対策としては、車庫にいれているのと、自転車カバーをつけていることです。可愛いのできっと男性が触っていたら少し不審と思います。

子供を乗せた時の感想

子どもと2人で乗っているのですが、段差が大きいところなどは声かけをしてゆっくり減速します。「ちょっとガッタンするね」など。どうしても子どもを乗せると重みで段差の音と衝撃が1人で乗るときに比べるとつよくかんじます。

バッテリーなし時の感想

バッテリー切れというか、朝バッテリーを入れ忘れてしまい途中で気づき、戻るときにとんでもなく重くて通常の自転車にコメ10キロ載せて走っている感じでした。ペダルは重いし回らないし大変で、坂だったのでどうしても漕げなくなり、結局押していくことに…押すのもずっと押していると力を込めている片腕が筋肉痛でプルプルしてくる始末。歩いて行くより時間もかかってしまって、二度とバッテリーを切らすまいと誓いました。

電動アシスト自転車のダイエット効果・坂を上った感想・他の移動手段との比較・電動自転車で改善してほしいところ

ダイエット効果

電動自転車にしてから歩いていくより時間が短縮されることもあり、複数の目的地に行くことができました。これにより、お買い物や行きたいところが増えて、アクティブになったので運動量は増えたと思います。歩いている時より足が動くし、信号待ちでもバランスを取ろうとする力も働くので、足は痩せてきているし、筋肉が付いている実感があります。

坂を上った感想

以前坂道を登るときは、立ち乗りでしたが、電動自転車はペダルにほんの少し力を入れるのと坂道モードにしたら一気に登れるので、かなり快適です。買い物荷物を今までなら躊躇していましたが、まあまあの量でもスイスイ運んでくれるところがよいです。

他の移動手段との比較

以前は車を所有していたのですが、駐車場に維持費、ガソリンの手間、洗車などで余裕がなくなり、売ることに…電動自転車だと、近所の公園や図書館、買い物にすぐ乗っていけて十分だと感じています。歩きだと時間と荷物が限られてしまうので、電動自転車は、主婦の味方です。電動自転車は、普通の自転車に比べると車体が重いので段差が大きい所でガタンとなるのがとても気になってしまいます。普通の自転車は軽いので狭い所の小回りや段差にはあまり不自由なく行けるのが良いと思います。

電動自転車で改善してほしいところ

電動自転車は、段差軽減の為、もう少し段差が和らぐタイヤに補強してほしいです。メーターが雨具シートをかけると見えるけれど操作するときに下から手を入れないといけない状態になってしまうので、メーターの位置を出来ることならば変えて欲しいです。