最近、電動アシスト付き自転車に乗っている人を町でよく見かけるように感じます。特に、都会などでは、主婦の方、ご高齢の方がチャイルドシート付の電動自転車、アシスト機能付き電動自転車に乗っている姿などもよく見かけるのではないでしょうか?今回のお話では、電動アシスト自転車のデメリット(注意点、難点)は何か?普通の自転車と比較して何が悪く不便なの?について記載してみようと思います。

電動アシスト自転車のデメリット(注意点、難点)は、普通の自転車と比較して購入時の価格・値段が高い!

電動アシスト自転車は、買う時のお値段、価格が高いのが難点でしょうか?お金に不自由していない方は、別として、大抵物を買う時には、コストパフォーマンス、節約、自分の経済事情などを考慮してから、商品を買うでしょう。電動アシスト自転車は、自転車走行中に漕ぐ力を補助してくれるという素晴らしい点は、あるのですが、お値段の相場はお高いのです。

簡易的にお値段の相場を調べてみました。もっと安い物や高いものをもありますが、まずは一般的な相場感です。
普通の自転車          1~3万円
電動アシスト付き自転車     5~15万円

ぐらいのお値段が多いように感じます。電動アシスト自転車の場合中には、20万円程の高級自転車もあるようです。電動アシスト自転車のお値段は、10万円近辺、お手頃価格帯では、5万円近辺が多いかと思います。普通の自転車は、もっと安い5000円や、ブランド物の自転車などは、もっと高いものもあるでしょうが、普通に町の自転車屋さんに行くと1~3万円を目にしたり、ネットショッピングでもこのくらいの値段ではないでしょうか?私などは、町の自転車屋さんで、過去5000円ぐらいの最安自転車を購入したところすぐにパンクしてしまったこともあります。あまりお安い自転車もどうなのか?というところでしょうか?話を元に戻します。

結論は、電動アシスト付き自転車は、普通の自転車に比べておよそ3~5倍くらいのお値段で購入価格が高いことが問題である。ということです。

電動アシスト自転車のデメリット(注意点、難点)は、普通の自転車と比較して重量が重いので押すのも大変!

電動アシスト自転車は、重量が重いのです。普通の自転車にはない、アシスト機能用の部品やバッテリーなどいろいろな付属物が多いため、とても重いのです。重いので、バッテリーが切れた時に、自転車を押して歩く時や自転車が倒れてしまった場合などに自転車をおこす作業などでは、普通の自転車よりもっと大変なのです。バッテリー切れに関しては、毎日きちんとバッテリー切れていないか確認して自転車に乗れば大丈夫かもしれませんが、自転車が倒れたりした場合に、おこす場合は、どうしても普通の自転車より重くて大変かもしれません。

簡易的に重量の相場を調べてみました。もっと軽い、重いものもありますが、まずは一般的な相場感です。
普通の自転車          10~20kg
電動アシスト付き自転車     20~30kg

ぐらいの重量の自転車が多いようでした。電動自転車の方が、5~10kg程重いようです。5~10kg程重いというのは、大変な重さではないでしょうか?よく近所のスーパーなどで、5kg、10kgのお米が売っていると思いますが、普通の自転車のかごにあの5kg、10kgのお米が最初から載っているような状態が、電動アシスト付き自転車ということになり、自転車が倒れた場合、5kg、10kgのお米を持ち上げる力を余分にかけなければ持ち上がらないことになります。私などは、スーパーなどで、5kg、10kgのお米が重いので、2kgのお米を購入したりしますので、元々が重い自転車はもっと大変でしょう。

結論は、電動アシスト付き自転車は、普通の自転車に比べておよそ1.5~2倍くらい重いので倒れたらおこすのが大変ということです。

電動アシスト自転車のデメリット(注意点、難点)は、バッテリーが切れた場合、普通の自転車より漕ぐのが大変!

電動アシスト自転車は、バッテリーが切れた時本当に大変です。電動アシスト自転車の最大の魅力である「漕ぐ力を助けてくれる」機能が失われるからです。そして、前述しました通り普通の自転車と比べて重いのです。バッテリーが切れた状態では、間違いなく普通の自転車よりも不便なお荷物と化してしまうことでしょう。

バッテリーの劣化などにより、バッテリーの減りが通常より早かったりした場合などに遠出して、帰るときには、電動アシスト自転車のアシスト機能なしで、帰ってこなければならないなんてこともあるかもしれませんし、そもそもバッテリーを充電し忘れるなんてこともあるのではないでしょうか?私などもスマホの充電を忘れてしまい。出先や旅行先で、スマホが使えず仕事にならない、記念写真が撮れない。などということもありました。しかし、電動アシスト自転車のバッテリー切れは、元々アシスト機能を期待して電動アシスト自転車に乗っている方であれば、脚力も弱いのでしょうから、重大な事態であり、大変なことになると考えられます。

結論としては、電動アシスト付き自転車は、バッテリーが切れた場合、普通の自転車より漕ぐのが大変で単なるお荷物と化す。ということです。

電動アシスト自転車のデメリット(注意点、難点)は、普通の自転車と違いバッテリーを充電するという手間がある!

電動アシスト自転車のデメリット(注意点、難点)をさらに、上げますと、「バッテリーを充電する」という行為が発生することではないでしょうか?普通の自転車であれば、別に気にする必要がない行為です。「バッテリーを充電する」といことは。そして、乗る前には、バッテリー残量を気にしなくてはなりません。これは手間ではないでしょうか?

私は、結構スマートフォンのバッテリーの充電を忘れてしまい。すぐに電池が切れて困ってしまうことも多々あります。みなさんもスマートフォンの電池切れというのは、ご経験があるのではないでしょうか?そこで、バッテリー残量などを気にしながら、スマートフォンの充電を行うか?行わないか?を日々確認すると思います。慣れると当たり前で、面倒さもあまり感じないかもしれませんが、よくよく考えると面倒なのではないでしょうか?それと同じことを電動アシスト自転車でも行う必要があるのです。

結論としては、電動アシスト付き自転車は、普通の自転車にはないバッテリーを充電するという面倒さがある。ということです。

電動アシスト自転車のデメリット(注意点、難点)は、普通の自転車と違い長期使用時バッテリーを交換する必要がある!

電動アシスト自転車のデメリット(注意点、難点)をさらに、発見してしまいました。それは、長期使用時の問題です。バッテリーは、長期間使用していますと段々と劣化してきます。充電してもバッテリー切れが短い時間でおこったり、バッテリーを100%まで充電できなくなったりしてしまうのです。

バッテリーが劣化してしまっては、バッテリーを交換せざる得ません。これも普通の自転車と違い面倒な点だと思います。スマートフォンが身近な例だと思いますので、また、スマホの話を例にあげますが、スマホのバッテリーも長期間使用していますと段々と劣化してきます。充電してもバッテリー切れが短い時間でおこったり、バッテリーを100%まで充電できなくなったりしてしますよね。そうするとドコモショップ、au、ソフトバンク、iphone直営店などで、バッテリー交換してもらったり、自分でバッテリー交換を行います。これは、結構手間で、面倒なのではないでしょうか?

結論としては、電動アシスト付き自転車は、普通の自転車と違い長期使用時バッテリーを交換する必要があるという難点がある。ということです。

電動アシスト自転車のデメリット(注意点、難点)は、普通の自転車と違いバッテリー交換費用(メンテナンス費用)が発生する!

電動アシスト自転車のデメリット(注意点、難点)をさらに、見つけてしまいました。それは、バッテリーを交換費用が発生する。ということです。通常の自転車と違いメンテナンス費用が高額になってしまうということです。普通の自転車のメンテナンス費用は、おそらくタイヤのパンクの修理などがあげられるでしょうが、それに加えて電動アシスト自転車には、バッテリー交換費用(メンテナンス費用)が発生してしまうという宿命があります。

またスマートフォンを例にしますが、ドコモショップ、au、ソフトバンク、iphone直営店などで、バッテリー交換してもらったり、自分でバッテリー交換するとしてもお店に行く手間、自分でバッテリー交換する手間に加えて、バッテリー交換作業代金、バッテリー本体の価格などの費用が発生します。ということで、メンテナンス費用の発生は、節約、倹約するのであれば、避けたい費用であり、これは、電動アシスト自転車の難点です。

結論としては、電動アシスト付き自転車は、バッテリー交換費用がかかるため、普通の自転車よりメンテナンス費用が高額。ということです。

電動アシスト自転車のデメリット(注意点、難点)は、高速走行時アシスト機能が停止し、普通の自転車より高速走行に向かない!

電動アシスト自転車の「漕ぐ力」のアシスト機能は、速度が24km/h以上になると停止し、普通の自転車と同じになってしまいます。この時、普通の自転車より重いため、平坦路や上り坂では、高速走行には向かないと考えられます。時速24km/h以上のスピードを出すならば、電動アシスト自転車よりも普通の自転車の方が、平坦路や上り坂では有利になるでしょう。下り坂では、車体が重い分より高速で走れるということもあるとは考えられます。まあ、通勤、通学、幼稚園の送り迎え、保育園の送り迎えなどの用途で、そこまで高速走行するような使い方もおそらくしないでしょうし、あまり問題ではないかもしれません。

結論としては、電動アシスト付き自転車は、速度が24km/h以上になるとアシスト機能が停止し、車体が重いため、普通の自転車より高速走行に向かない。ということです。

都市や町では、結構な頻度で電動アシスト自転車に乗られている方がいらっしゃいますので、そこまで不便ではなくむしろ便利で有用な乗り物であると思いますが、以下のような不便さ、デメリットがあると思いますので注意は必要でしょう。しかし、町を歩いていると良く見かけるとうことは人気があり、メリットがあり、有用な乗り物であることは間違いないのではなないか。と考えます。

電動アシスト自転車のデメリット(注意点、難点)7選!普通の自転車と比較して何が悪く不便なの?のまとめ

1.電動アシスト付き自転車は、普通の自転車に比べておよそ3~5倍くらいのお値段で購入価格が高いことが問題である。
2.電動アシスト付き自転車は、普通の自転車に比べておよそ1.5~2倍くらい重いので倒れたらおこすのが大変。
3.電動アシスト付き自転車は、バッテリーが切れた場合、普通の自転車より漕ぐのが大変で単なるお荷物と化す。
4.電動アシスト付き自転車は、普通の自転車にはないバッテリーを充電するという面倒さがある。
5.電動アシスト付き自転車は、普通の自転車と違い長期使用時バッテリーを交換する必要があるという難点がある。
6.電動アシスト付き自転車は、バッテリー交換費用がかかるため、普通の自転車よりメンテナンス費用が高額。
7.電動アシスト付き自転車は、速度が24km/h以上になるとアシスト機能が停止し、車体が重いため、普通の自転車より高速走行に向かない。